離婚弁護士のおかげで希望通りの条件で調停離婚することができました

離婚に費やすエネルギーは結婚の時の数倍です

私は4年前から夫と別居していたのですが、夫が離婚に同意してくれなかったため、なかなか離婚することができずにいました。
でも、3ヶ月程前にようやく調停離婚が成立し、晴れて独身に戻ることができました。
夫と別居してからの4年間は本当に大変でしたので、当分再婚する気にはなれそうもありません。
もし再婚するとしても、絶対に一生離婚しなくても済むと確信できるような人に巡り会わない限り、軽々しく籍を入れたりしたくないと考えています。
今さらではありますが、離婚は結婚の数倍のエネルギーが必要になります。
あんなに辛い思いを味わうのは2度と御免だというのが正直な気持ちです。

夫の浪費癖と浮気が直接の離婚原因

 私が夫と離婚したのは、夫の浪費癖と女癖の悪さが原因でした。
夫自身は単なる遊びだと言っていましたが、同じ職場の若い女の子や水商売の女性などに次から次へと手を出すので、ほとほと嫌になってしまいました。
女性の気を引くためにプレゼントを買ったり食事に連れて行ったりしますので、金遣いの方も当然荒くなります。
我が家にはこれから教育費がかかる子供が2人もいるのに、いくら注意しても浮気をやめる気配が全く見られなかったので、夫に愛想が尽きてしまいました。
実家の母からは、子供を片親にしてしまってもいいのかと離婚を止められましたが、このまま夫婦でい続ける方が子供に悪い影響が出るだろうと思い、離婚を決意しました。

調停の申立を行ったのは妻側

 でも、夫がなかなか離婚に同意してくれなかったので、家庭裁判所に調停の申し立てを行いました。
私1人では心細かったので、友人に紹介してもらった弁護士のサポートを受けたのですが、調停を有利に進めるコツなどを具体的に教えてもらうことができたので、本当に助かりました。
ほぼ希望通りの条件で調停離婚を成立させることができたのは、あの弁護士がいてくれたおかげだと感謝しています。