離婚後の住宅ローンの取り扱いのケーススタディ

離婚後の住宅ローン支払いについて

難しい離婚後の経済問題を考える離婚成立後に、住宅ローンが残る家に、片方の家族が住み続けることを選択した場合を考えてみます。
この場合には3つのケースが考えられます。
住宅ローンの名義は夫のままで、夫が家から出て行き、妻と子供が住み続けるケース。
名義が夫のままで、妻と子供が出て行き、夫が住み続けるケース。
夫が家から出て行き、ローンの名義も妻に変えて、妻と子供が住み続けるケース。
この3つが考えられます。

不動産の取り扱いは離婚協議で最も難しい争点の1つ

家という不動産に対しては、住宅ローンの名義人と、その家の所有名義人という、2つの名義人が存在しています。
そして通常、ローン名義人=所有名義人となるのですが、離婚に際して、家のローンは夫が続行して支払うけれども、家は出て行くという場合には、所有名義人のみを妻に変えるケースも少なくありません。
ここでは、ローンの名義は夫のままで、夫が家から出て行き、妻と子供が住み続けるケースについて、ご紹介します。

夫が出て行き、さらに住宅ローンを払うケースが多い

妻側に親権がある場合には、婚姻関係が解消した後も、子供が安心して生活する環境を確保する手段として、家から出て行った夫が、引き続き家のローンを支払うという、選択をされる方が多いのが現状です。
ただし、このケースには、いくつかのリスクが伴います。
まず元夫がローンの支払いを遅延した場合には、債権者となる銀行は抵当権を行使することになります。
元夫に支払い能力がないと判断されれば、妻と子供が住んでいる家は差し押さえられることになり、競売物件となった場合には、その家から強制的に、立ち退かなければならなくなります。

元夫は支払いの義務に加えて、自分の住居費もかかるため負担は極大化します

支払い状況を確認するなど、元夫がローンを滞納しないように、監視する必要があります。
元夫には、家族手当などもつかなくなり、新たに住む家の賃貸料や、毎月の生活費も必要となります。
それに加えて家のローンの支払いがあるわけですので、元夫の経済的な負担は大きいと推測されます。

名義変更を行うと契約違反となる可能性もあります

また、家のローンの契約者が元夫で、所有する家を出て行き、所有名義人を妻に変えた場合には、債権者となる銀行側では、契約違反とみなす場合があります。
その時点で、残っている住宅ローンの残債の一括返済を求めてくる場合があります。
この場合の対処法としては、夫名義の家のローンが完済するのを待ってから、妻名義に所有名義人を変更するという方法です。
これならば、銀行も契約違反とはみなしません。
ただし、完済するまでには年数がかかり過ぎるというデメリットがあります。
尚且つ、何十年後かに家のローンを完済した時に、元夫が名義人変更の手続きに応じてくれるという保証もありません。
完済まで待って所有名義人を変更する場合には、必ず離婚の際の協議書や、あるいは法的な効力のある公正証書に、取り決めた内容を記しておかなければいけません。