想像していなかった熟年離婚

熟年離婚は寝耳に水の場合が多い

ほとんどの場合、離婚を伝えられた側は、まさか離婚を考えているとは思わなかったとなるでしょう。
それくらい熟年離婚は片方の不満が爆発して決断するケースが多いと言えます。
不満を口にすることが出来る人、我慢する人、人間には色々なタイプがあります。
不快に思っていたけれど、長年我慢してきて、その我慢が蓄積した結果、離婚という決断に踏み切ってしまうのです。

きっかけは子どもの成長と独立

子供のために婚姻生活を続けている夫婦も中にはたくさんいますが、子供が独立したらどうなるかといいますと、また夫婦ふたりの生活に戻りますから、結局耐えきれなくなってしまうのです。
熟年離婚をしないためには、出来るだけ我慢を溜めずに、相手に伝えることも必要でしょう。
喧嘩するほど仲が良いと言いますが、喧嘩すらしなくなり、お互い口もきかなくなったら関係は修復が出来ない状態まで来ているのかもしれません。
可能ならば距離を置くなりしてみて、冷却期間を設けたほうが良いでしょう。

熟年離婚の問題点

熟年離婚で問題になるのが資産問題です。
定年した後の離婚の場合は特にこの問題が大きくなります。
自営業などを行っていて、ある程度収入があるならば問題ないかもしれませんが、全く収入がない状態ですと、どれくらいの貯蓄があるかによって生活の水準も変わってきます。
離婚をしても年金の一部は受け取ることが出来る制度もありますから、離婚するにあたって金銭面での計算はしっかりと行っておきましょう。

平和的な調停離婚もあり得る

お互いが嫌になった訳ではなく、自分の人生を最後にもう一度楽しみたいと、お互い合意の上で離婚に踏み切るケースもあります。
自分の人生なのですから、最終的には自分で決断するのも良いかもしれません。
離婚しても交友関係のある夫婦もありますし、形はひとつではないとも言えるでしょう。